【弁護士解説】中小企業における役員の責任

【弁護士解説】中小企業における役員の責任

1 株式会社の役員個人に対する責任追及

株式会社の活動に伴うトラブルの当事者となるのは、本来会社自体であるはずですが、近時、会社の取締役個人に対する責任を追及する動きがしばしば見受けられます。

中でも、株式会社を代表して業務を執行する代表取締役はターゲットになりやすいといえます。

株式会社の取締役はこのような傾向を踏まえて業務執行にあたる必要が年々増しているといえるでしょう。

 

2 株式会社における会社役員の責任

(1) 代表取締役の責任-会社・株主に対する責任

会社役員の中でも、株式会社の代表取締役には、その強大な権限に見合った厳しい法的責任が課せられており、上記の通り、現にその責任が追及されることも多いことから、以下、株式会社の代表取締役の責任について解説します。

営利追求を目的とする会社から事業活動の遂行を依頼されている代表取締役は、会社が利益を上げられるように、適切に業務を遂行すべき責任があります。

仮に、代表取締役がそのような責任を怠って、会社に損害をもたらしたときは、代表取締役は会社に対して損害賠償責任を負うことになります。

例えば、代表取締役が放漫経営のために会社に大損害を与えた場合には、その代表取締役は会社に対して損害賠償責任を負うことになります。

もっとも、会社を代表して業務を遂行しているのは代表取締役ですから、会社が社長に対して現実に損害賠償請求権を行使することは期待できないケースがあります。そのような場合に、会社の実質的な所有者である株主が会社をいわば代理するような形態で社長に対して損害賠償請求をする手続が法律上認められています。これが株主代表訴訟です。

このように、株式会社の代表取締役は、会社および会社の実質的な所有者である株主に対して重い責任を負わされた立場にあります。

 

(2) 代表取締役の責任-第三者に対する責任

株式会社の代表取締役は、会社や株主以外の第三者に対しても損害賠償責任を負うことがあります。

会社法429条1項は、「役員等がその職務を行うについて悪意又は重大な過失があったときは、当該役員等は、これによって第三者に生じた損害を賠償する責任を負う」と定めています。

具体的にどのような場合に会社役員に「重大な過失」があったと認められるかについては色々と難しい問題ですが、大切なことは、会社の取引先その他の第三者から、会社としての業務に基づいて、会社だけではなく場合によってはその会社の代表取締役個人に対して損害賠償を請求できる場合があるということです。

 

3 中小企業における代表取締役の責任

以上で述べました代表取締役の責任に係る法制度そのものについては、大企業であろうと中小企業であろうと基本的に同じです。

しかし、現実的な法的責任追及の実態については、大企業と中小企業とで大きく異なる点があります。

(1) 中小企業では会社・株主に対する責任が問題になりにくい

中小企業においては、代表取締役ないしその家族等の関係者が会社の全ての株式を保有していることが多いのが一般的です。このような場合、代表取締役がその行為によって会社に損害を与えたとしても、被害者であるはずの会社の実質的所有者である株主は代表取締役自身やその関係者であるため、代表取締役に対してその責任を追及するという状況にはなりにくいと考えられます。

特に、代表取締役が会社の株を全て持っている場合、代表取締役がいくら会社に損をさせたとしても、実質的な被害者は株主である代表取締役自身ですから、損害賠償請求という問題にはなりえず、株主代表訴訟は発生しません。

 

(2) 中小企業では第三者に対する責任が問題になりやすい

会社の業務に基づいて損害を受けた第三者は、会社に対して損害賠償請求をするのが自然な流れです。

しかし、その会社に資力がなかった場合はどうでしょうか。さらに、その会社の代表取締役個人はお金持ちだった場合はどうでしょうか。

損害賠償請求をする第三者としては、お金を持っていない会社よりも、お金を持っている代表取締役個人を相手にしたいと考えるのが普通でしょう。このような考え方は、洋の東西を問わず共通であり、アメリカではDeep Pocket Theory(ディープ ポケット・セオリー)と呼ばれているようです。Deep Pocket、つまり深いポケットというのはお金が沢山入っているポケットという意味であり、お金持ちを意味します。請求するならばお金持ちに対して請求すべきという理論です。

上場企業などの大会社との取引などによって損害を受けた第三者は、普通はその会社そのものに対して損害賠償請求をするのであって、その会社の役員個人に対して損害賠償請求しようとする者は稀です。それが法律上も自然な構成ですし、損害賠償請求訴訟で勝訴すれば問題なくお金を回収できる可能性も高いからです。

ところが、中小の会社が相手である場合、会社そのものには見るべき財産がなく、仮に会社に対する損害賠償請求訴訟に勝訴したとしても、現実に会社からお金を回収することが難しそうなケースがいくらでもあります。

そのような場合、損害賠償請求しようとする側は、何とかその会社の役員個人から損害を回収できないか検討しようとするものです。その役員個人が豪邸に住んでいるなど裕福であるように見える場合にはなおさらです。まさにDeep Pocket Theoryです。

このように、役員個人に対して損害賠償請求することを検討する際に活用されるのが、会社役員個人の損害賠償責任を認める前述の会社法429条1項の規定です。

かくして、中小の会社においては、法律上は会社そのものが損害賠償請求の相手方となりそうなケースでも、実際には代表取締役個人が標的とされて損害賠償請求がなされるケースが散見されることになります。

 

(3) 中小企業の代表取締役個人が責任追及される例

(事例1) 会社が飲食店舗を運営するために建物を賃借していたが、会社が賃貸借契約期間の更新を希望したにもかかわらず賃貸人が更新を認めずにトラブルとなり、更新を前提として当初の賃貸借期間満了後も引き続き建物を占有していた会社に対し、賃貸人は不法占拠に基づく損害賠償金を会社の代表取締役個人に対して請求したという事案

(事例2) 会社が経営不振に伴う事業縮小のために従業員を解雇したところ、当該従業員が会社に加えて会社の代表取締役個人に対しても損害賠償を請求したという事案

(事例3) 会社に転職してきた従業員が、転職前の会社の顧客に契約を切り替えるように働きかけていることが発覚し、転職前の会社が実際に契約を切り替えられたことにより失った利益などの損害について会社の代表取締役個人に対して損害賠償請求したという事案

(事例4)取締役会において前の代表取締役が解任を決議され名誉を棄損されたとして、当該前の代表取締役が慰謝料等の損害賠償を会社と現在の代表取締役個人に対して請求したという事案

これらの事案は、素直な法律構成で検討すれば、請求の相手方は会社となるのが普通ですが、会社法429条1項を援用して代表取締役個人に「重大な過失」があると主張して会社の代表取締役個人に対して損害賠償請求訴訟を提起したものです。

まさに会社の資力が期待できない中小企業ならではの事案と言えますが、現実に発生した事案です。

中小企業の代表取締役は、このような個人的なリスクを常に抱えているものと理解して業務を遂行する必要があるものと言えるでしょう。

以上

 

(執筆)つるさき法律事務所 弁護士 津留﨑 基行

MKT-2021-500

「ここから変える。」メールマガジン

経営にまつわる課題、先駆者の事例などを定期的に配信しております。
ぜひ、お気軽にご登録ください。

メルマガ登録する

— 2021/04/22

【弁護士解説】事業承継の準備、始めていますか?

最近では、70代になっても第一線で活躍される経営者の方も珍しくありません。一方で、近年は世代交代が進まないまま社長が高齢を迎え、事業承継がうまく進まずに、会社の清算や倒産を選択せざるを得なくなってしまったケースも残念ながら散見されます。

— 2021/04/22

【弁護士解説】使用者として知っておきたい新型コロナウイルスと労災認定

現在、厚生労働省では、感染防止の観点から、新型コロナウイルスへの感染を理由とする労働災害の実態を把握することが重要であるとして、医療従事者だけではなく、すべての業種の事業者に対し、業務での感染が疑われる場合には、積極的に労災申請の手続きを従業員に周知し、感染防止策を徹底するよう求めています。

— 2021/04/14

【社労士監修】中小企業が行うべきハラスメント対策とハラスメントの種類

2022年4月1日には中小企業にもパワハラ対策義務化の法律が適用されます。セクハラやマタハラについては、現時点でも対策を実施することが事業主の義務とされています。中小企業が取り組むべきハラスメント対策を解説しましょう。

— 2021/04/14

【社労士監修】中小企業必見!ハラスメント対策の事例を学んで実践しよう

2022年4月1日より、中小企業に対しても「パワハラ対策の義務化」が適用されます。ハラスメント対策の基礎知識や対策の種類を説明した上で、さまざまな企業の事例を交えながら、どのような対策が効果的なのかを紹介します。

— 2021/04/14

【社労士監修】ハラスメント研修を始めよう!中小企業向けパワハラ防止法対策

パワハラ防止法が施行されたことで、多くの企業がハラスメント研修を実施し始めています。これからハラスメント研修を始めたいという中小企業向けに、研修の概要やプログラムの内容などについて解説します。

— 2021/04/14

【社労士監修】ハラスメント相談窓口の設置(中小企業向けパワハラ防止法対策)

パワハラ防止法でパワハラ対策のための相談窓口設置が義務化されました。中小企業については2022年3月31日までは努力義務です。ハラスメント相談窓口の重要性や相談の流れのほか、配慮すべきポイントなどについて解説します。

— 2021/04/14

【社労士監修】中小企業が「パワハラ防止法」に取り組むべき理由

パワハラ防止法により、中小企業は2022年4月1日からパワーハラスメント防止対策を講じることが義務化されます。パワハラ防止法の押さえておくべきポイントや準備を始めるメリットのほか、防止対策について解説します。

— 2021/04/14

【社労士監修】ハラスメント・ハラスメント問題への正しい対処法は?

「ハラスメント・ハラスメント」は、新たに浮上してきた新しいハラスメントです。これを放置しておくと企業が大きなダメージを受けることが懸念されます。企業として早急に取り組むべき対処法について解説します。

— 2021/04/12

【弁護士解説】会社役員の責任と相続

株式会社の代表取締役など、会社の役員として活動していた個人が死亡した際に、その相続人にあたる遺族が損害賠償請求を受けて困惑するというケースがあります。 その遺族が、会社経営には一切関与していなかった場合には、なおさら対応に非常に苦慮することになります。 そこで、現職の会社役員としては、自分が死亡した後に遺族が抱えかねないこのようなリスクについても十分に検討しておく必要があります。

— 2020/12/04

会社で起こるセクハラ行為と雇用者として取るべき対策

セクシュアルハラスメント(セクハラ)は企業にとって重大なトラブルのひとつです。従業員は企業の対応の仕方によって、企業がいざという時に寄り添ってくれるのかどうかを判断するので、経営者は迅速に行動することが求められます。そこで、職場でセクハラが発覚した際の対処法と、実際に起こる可能性があるセクハラ行為について解説します。

— 2020/12/04

従業員からパワハラの相談を受けたらどうする?定義から対策まで解説

昨今、 パワーハラスメント(パワハラ)問題が、一部のマスコミなどで取り上げられ、世間を騒がせています。では、現実はどうなのでしょうか。 厚生労働省が2016年7月から10月にかけて実施した「職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」では、以下のような調査結果が報告されています。

— 2020/12/04

職場で問題となる主なハラスメント行為とは?

企業を成長させるために、従業員を増やして労働力を高めることは有効な手段の一つです。しかし、人が多くなれば職場のトラブルは起こりやすくなります。特に、さまざまな種類の「ハラスメント」は注意したいところです。この記事では、主なハラスメント行為や、企業がとるべき適切な対応について解説します。

— 2020/11/18

実施すべき健康診断の種類と受診後の取組みを解説します!

「事業者は、労働安全衛生法第66条に基づき、労働者に対して医師による健康診断を実施しなければならなく、また労働者は事業者が行う健康診断を受けなければならない」と法的に定められているように、労働者に対する健康診断の実施は、事業者の義務です。

— 2020/11/18

労働者の健康管理のために。産業医の役割と選任方法

事業場において、労働者の健康状態を適切に把握し、健康管理のための効果的な措置を講じるためには、医学の専門的な知識が不可欠です。そのため、50人以上の労働者を雇用する事業場では、事業者は産業医を選任し、労働者の健康管理などを行わせることが義務付けられています。

— 2020/06/04

【専門家解説】社内だけでは済まない!顧客や取引先からのハラスメント対策

本来、顧客や取引先企業との関係は従業員任せにするのではなく、事業主がその対応を明確に従業員に指示するべきものです。顧客や取引先からの迷惑行為、いわゆるカスハラに対して、どこまで顧客の要望に応じなければならないのか

— 2020/05/21

転ばぬ先の杖~建設業で知っておきたい元請け・下請けとの関係とハラスメント対策~

一般に直接雇用関係の無い取引先企業の労働者との間には、特段の事情がない限り労働契約に付随する義務は生じません。しかし昨年のハラスメント規制法改正で、職場におけるパワーハラスメント(以下パワハラ)防止対策が強化されたことに合わせ

— 2020/05/12

【弁護士解説】ハラスメントを原因とした雇用リスクと求められるリスク管理

現在、中小企業においては、慢性的な人手不足を背景として、採用人材のミスマッチが生じ、いわゆるハラスメント事案を中心とした雇用に関するトラブルが増えてきています。 2019年5月29日には、パワーハラスメント対策を事業主の

— 2020/05/12

【弁護士解説】治療と仕事の両立~従業員が安心して働ける環境づくりとは~

少子高齢社会を迎え、中小企業においてはこれまで以上に人材の採用・育成、そして離職の防止が喫緊の経営課題となっています。事業の継続、そして更なる成長を実現するためには、職場環境の整備を進め、有為な人材を確保することが不可

— 2020/02/13

【弁護士解説】あおり運転など高速道路で、従業員が車から降りて事故に!?

内閣府が公表している交通安全白書(令和元年版)によると、平成30年の高速道路における交通事故発生件数は7,934件で、これによる死者数は173人、負傷者数は1万3,673人とされています。前年と比べると、交通事故発生件数

お問い合わせ

法人向けの様々なリスクに備える保険についてご案内しております。

資料請求

パンフレットのご請求はこちら

代理店検索

保険商品についてのご相談はこちらから。
地域別に最寄りの担当をご紹介いたします。