大規模感染リスクを抑える冬のノロウイルス対策

大規模感染リスクを抑える冬のノロウイルス対策

1 はじめに

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、特に冬期に流行する感染症です。感染力が強いため、社内で大規模感染を起こしてしまうおそれがあります。今のところノロウイルスにはワクチンがなく、治療も点滴などの対症療法に限られているため、社員には徹底したノロウイルスの予防を呼びかけたいところです。
そこで、ノロウイルスの原因とおもな症状、社員に共有したい予防策、社員がノロウイルスに感染してしまった場合の対処法についてご紹介します。

※出典:厚生労働省HP「冬は特にご注意!ノロウイルスによる食中毒」

2 ノロウイルス感染の原因

まずは、ノロウイルスの原因について見ていきましょう。
ノロウイルスには、「人」と「食品」のどちらかが原因となって感染します。厚生労働省が発表している「ノロウイルス食中毒の事例紹介」を参考に見ていきましょう。

事例1 人が原因の事例

2008年1月に、ノロウィルスを保有していた3名の従業員が作った大福もちを食べた431名のうち、333名が食中毒を発症する事件が発生しました。3名の従業員は、感染の自覚がなかったことに加え、この事業所の手洗い設備には消毒液が設置されておらず、手拭きに使う布タオルは共用だったため、製造の際の手洗いが不十分であったことが原因と判明しました。

事例2 食品が原因の事例

2013年3月には、ノロウィルスに汚染した「加熱不十分なカキフライ(推定)」が原因の食中毒が発生しています。発症者は、宿泊していた旅館の「カキフライ」を食べた客21名のうちの6名。冷凍のカキフライの調理にフライパンを使用したため油量が足りず、調理途中で油の温度が低下し中心部が半生の状態で提供されたことが原因と推定されています。
 ※出典:厚生労働省HP「ノロウイルス食中毒の事例紹介」

3 ノロウイルスのおもな症状

ノロウイルスに感染してから発症するまでの、ウイルスの潜伏期間は24~48時間です。感染すると、次のような症状が1~2日続きます。一般的には、その後は治癒し、後遺症もありません。

・吐き気

・嘔吐

・下痢

・腹痛

・軽度の発熱

 

また、感染しても上記のような症状を発症しないというケースや、軽い風邪のような症状が出る場合もあります。

※出典:厚生労働省HP「ノロウイルスに関するQ&A」

4 ノロウイルスの予防策

ノロウイルスは、食品取扱者や調理器具からの二次汚染を防ぐことが大切です。ノロウイルス感染者のふん便や吐ぶつには大量のウイルスが含まれるため、食品取扱者がノロウイルスに感染していた場合、大規模な食中毒になってしまうおそれがあります。従業員にノロウイルスの疑いがある場合には、すぐに生産ラインや調理担当から外す等の対応が必要となるでしょう。2つのルートから感染する可能性があるノロウイルスから従業員を守るには、適切な予防策を社内全体に共有しておくことが大切です。では、人と食品、それぞれどのような予防策をすべきなのでしょうか? 

●人

予防の最も有効な手段としては、付着したノロウイルスを手洗いで落とすことでしょう。調理前や食事の前、トイレに行った後などは、必ず手を洗うよう徹底しましょう。また、石鹸を十分に泡立てて洗い、清潔なタオルかペーパータオルで拭くことも大切です。なお、石鹸にはノロウイルス活性を失わせる効果はありませんが、脂肪等を落とすことでウイルスをはがれやすくする効果が期待できます。人からの感染を防ぐためには、まず社内の手洗いの環境を整備することが重要です。

●食品

ノロウイルスを含むウイルスは一般的に熱に弱いため、加熱処理はウイルスの活性を失わせる手段として有効です。加熱が必要な食品については、中心部までしっかり加熱させるよう呼びかけましょう。ノロウイルス食中毒の原因のひとつにノロウイルスに汚染された二枚貝があります。二枚貝は大量の海水を取り込み、プランクトンなどのエサを体内に残し、出水管から排水していますが、海水中のウイルスも同様のメカニズムで取り込まれ、体内で濃縮されるためと考えられています。ちなみに、カキなどのノロウイルス汚染リスクのある二枚貝は、中心部を85~90℃で、90秒以上加熱することが望ましいとされています。

5 ノロウイルスに感染してしまった場合

ノロウイルスによる感染性胃腸炎を発症しても、出勤停止期間が法的に定められているわけではありません。しかし、ウイルスの潜伏期間は24~48時間、症状も1~2日続くため、感染者の増加を防ぐためにも、発症した(感染が判明した)場合は、症状が落ち着くまで自宅療養としたほうが良いでしょう。
また、感染者が使用していた物品については、殺菌するなどの処理が必要です。特に調理器具は、洗剤で洗浄後に次亜塩素酸ナトリウムで浸すように拭いたり、85℃以上の熱湯で加熱したりするなど、徹底した対策を施してください。

6 おわりに

ノロウイルスは、インフルエンザと並んで冬場に予防を徹底したい感染症です。インフルエンザのような予防接種はありませんので、社員が日頃から手洗いを徹底し、食品や調理器具を注意して取り扱うことが求められます。
社内への大規模感染を防ぐには、この時期に社内全体でノロウイルスの予防策を共有しておくと良いでしょう。


「ここから変える。」メールマガジン

経営にまつわる課題、先駆者の事例などを定期的に配信しております。
ぜひ、お気軽にご登録ください。

メルマガ登録する

— 2021/04/22

【弁護士解説】使用者として知っておきたい新型コロナウイルスと労災認定

現在、厚生労働省では、感染防止の観点から、新型コロナウイルスへの感染を理由とする労働災害の実態を把握することが重要であるとして、医療従事者だけではなく、すべての業種の事業者に対し、業務での感染が疑われる場合には、積極的に労災申請の手続きを従業員に周知し、感染防止策を徹底するよう求めています。

— 2021/04/12

【弁護士解説】中小企業における役員の責任

株式会社の活動に伴うトラブルの当事者となるのは、本来会社自体であるはずですが、近時、会社の取締役個人に対する責任を追及する動きがしばしば見受けられます。 中でも、株式会社を代表して業務を執行する代表取締役はターゲットになりやすいといえます。

— 2021/04/12

【弁護士解説】会社役員の責任と相続

株式会社の代表取締役など、会社の役員として活動していた個人が死亡した際に、その相続人にあたる遺族が損害賠償請求を受けて困惑するというケースがあります。 その遺族が、会社経営には一切関与していなかった場合には、なおさら対応に非常に苦慮することになります。 そこで、現職の会社役員としては、自分が死亡した後に遺族が抱えかねないこのようなリスクについても十分に検討しておく必要があります。

— 2020/12/04

会社で起こるセクハラ行為と雇用者として取るべき対策

セクシュアルハラスメント(セクハラ)は企業にとって重大なトラブルのひとつです。従業員は企業の対応の仕方によって、企業がいざという時に寄り添ってくれるのかどうかを判断するので、経営者は迅速に行動することが求められます。そこで、職場でセクハラが発覚した際の対処法と、実際に起こる可能性があるセクハラ行為について解説します。

— 2020/12/04

従業員からパワハラの相談を受けたらどうする?定義から対策まで解説

昨今、 パワーハラスメント(パワハラ)問題が、一部のマスコミなどで取り上げられ、世間を騒がせています。では、現実はどうなのでしょうか。 厚生労働省が2016年7月から10月にかけて実施した「職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」では、以下のような調査結果が報告されています。

— 2020/12/04

職場で問題となる主なハラスメント行為とは?

企業を成長させるために、従業員を増やして労働力を高めることは有効な手段の一つです。しかし、人が多くなれば職場のトラブルは起こりやすくなります。特に、さまざまな種類の「ハラスメント」は注意したいところです。この記事では、主なハラスメント行為や、企業がとるべき適切な対応について解説します。

— 2020/11/18

実施すべき健康診断の種類と受診後の取組みを解説します!

「事業者は、労働安全衛生法第66条に基づき、労働者に対して医師による健康診断を実施しなければならなく、また労働者は事業者が行う健康診断を受けなければならない」と法的に定められているように、労働者に対する健康診断の実施は、事業者の義務です。

— 2020/11/18

労働者の健康管理のために。産業医の役割と選任方法

事業場において、労働者の健康状態を適切に把握し、健康管理のための効果的な措置を講じるためには、医学の専門的な知識が不可欠です。そのため、50人以上の労働者を雇用する事業場では、事業者は産業医を選任し、労働者の健康管理などを行わせることが義務付けられています。

— 2020/06/04

【専門家解説】社内だけでは済まない!顧客や取引先からのハラスメント対策

本来、顧客や取引先企業との関係は従業員任せにするのではなく、事業主がその対応を明確に従業員に指示するべきものです。顧客や取引先からの迷惑行為、いわゆるカスハラに対して、どこまで顧客の要望に応じなければならないのか

— 2020/05/21

転ばぬ先の杖~建設業で知っておきたい元請け・下請けとの関係とハラスメント対策~

一般に直接雇用関係の無い取引先企業の労働者との間には、特段の事情がない限り労働契約に付随する義務は生じません。しかし昨年のハラスメント規制法改正で、職場におけるパワーハラスメント(以下パワハラ)防止対策が強化されたことに合わせ

— 2020/05/12

【弁護士解説】ハラスメントを原因とした雇用リスクと求められるリスク管理

現在、中小企業においては、慢性的な人手不足を背景として、採用人材のミスマッチが生じ、いわゆるハラスメント事案を中心とした雇用に関するトラブルが増えてきています。 2019年5月29日には、パワーハラスメント対策を事業主の

— 2020/05/12

【弁護士解説】治療と仕事の両立~従業員が安心して働ける環境づくりとは~

少子高齢社会を迎え、中小企業においてはこれまで以上に人材の採用・育成、そして離職の防止が喫緊の経営課題となっています。事業の継続、そして更なる成長を実現するためには、職場環境の整備を進め、有為な人材を確保することが不可

— 2020/02/13

【弁護士解説】あおり運転など高速道路で、従業員が車から降りて事故に!?

内閣府が公表している交通安全白書(令和元年版)によると、平成30年の高速道路における交通事故発生件数は7,934件で、これによる死者数は173人、負傷者数は1万3,673人とされています。前年と比べると、交通事故発生件数

— 2019/10/09

受動喫煙による健康被害を避けるために企業が取り組むべき施策とは?

2010年6月に閣議決定された「新成長戦略」において、2020年までの目標のひとつとして掲げられているのが「受動喫煙のない職場の実現」です。受動喫煙とは、喫煙することで発生した有害な煙を吸ってしまうことです。そこで、厚生労働省は事業場の受動喫煙をなくすための取組みを促進するために、財政的または技術的支援の提供を行うこととしています。

— 2019/10/09

風災被害による賠償事例と対応策とは

近年、台風が毎年のように日本に上陸し、多くの風水災被害が報告されています。 気象庁のデータによると、毎年2個から3個以上の台風が、大雨、暴風等の災害をもたらしています。

— 2019/10/09

水災リスクに備えるための対応策とは

近年、台風や局所的なゲリラ豪雨などによる水災被害が数多く発生しています。 たとえば、平成27年9月の関東・東北豪雨では、鬼怒川が決壊し、広範囲において床上・床下浸水の被害に見舞われたことは、ご記憶の方も多いのではないでしょうか。

— 2019/09/05

中小企業に対する海外展開支援とリスクマネジメント

人口減少等の影響により国内マーケットが縮小していくと考えられる中、大企業だけではなく中小企業においても、成長著しいアジア市場等の海外の需要を取り込むため、海外展開を検討する企業が増えてきています。

— 2019/08/01

最近のリコールの特徴に備えた対策を行っていますか?

近年、製品の安全性に対する規制強化や消費者の意識向上を背景として、リコールリスクは、製造業を営む企業を中心にますます重要な経営課題の1つとなっています。

— 2019/07/19

企業が行うべき熱中症予防対策と応急処置のポイントとは?

これから夏本番を迎えるにあたり、注意したい労災のひとつとして、熱中症が挙げられます。屋外作業はもちろんですが、屋内でも発症する可能性があるため、オフィスワークであってもきちんと予防策を実施することが大切です。

— 2019/06/24

目に見えない水災の本当の怖さ、それは・・・

昨年(2018年)は、台風やゲリラ豪雨などによる風水災被害が数多く発生しました。 岡山や広島、愛媛などで大きな被害が出た「平成30年7月豪雨(西日本豪雨)」や25年ぶりに非常に強い勢力のまま日本に上陸した「台風21号」、「台風24号」などを代表に、風水災被害が全国各地で頻発したことは記憶に新しいのではないでしょうか。

お問い合わせ

法人向けの様々なリスクに備える保険についてご案内しております。

資料請求

パンフレットのご請求はこちら

代理店検索

保険商品についてのご相談はこちらから。
地域別に最寄りの担当をご紹介いたします。